相続税の納税はどうやるの?

相続が起き、相続税がかかることになったら、遅延なくこの税金を納税しないといけません。
ただ、これは税務署からお知らせや通知などが来て、ただその通りに納税すればいいという単純なものにはなりません。
自分で相続税の手続きを進めていき、管轄の税務署まで申告の上、必要な納税をやるという流れになります。
どのようにやればいいのか、実例も含めつつご紹介していきましょう。

ある人の例ですが、相続税を納税するにあたり、まずやったのは徹底的な遺産の調査でした。
この時点では遺産分割のために残された資産を調べていたのですが、結果的にはこれがスムーズな相続税の納税にもつながりました。
故人の遺産を調べた結果、残されていたのは現金150万円、預金5000万円、あとは身の回りの品と軽自動車で合計50万円と判明。
死亡時におりる生命保険などは特になく、そのほかに借金などの負債もありませんでしたから、遺産は合計で5200万円となりました。

次に法定相続人の確定ですが、これはすぐにわかったといいます。
被相続人には生存している配偶者と子供が2人いたのです。
戸籍謄本を調べた結果、ほかに相続人もいなかったため、この3人が法定相続人に確定。
ここから遺産分割協議を進めていきましたが、仲の良い家族だったため、特にもめることもなく法定相続分でわけることで確定しました。

その後、相続税のことを長男が知り、調べてみたところ、相続税がかかることが判明しました。
遺産の総額5200万円に対し、基礎控除は法定相続人3人で合計4800万円。
差し引きして400万円の遺産が、相続税の課税対象になったのです。
金額が小さいため、相続税の計算も自分たちで行ったといいます。
計算の結果、相続税は合計40万円と計算できましたが、このうちの20万円は故人の配偶者に対するものだったため、これは配偶者が使える特例を使って軽減し、実質20万円の相続税だと計算されました。

これを納税するためには、まずは申告をしないといけませんが、これは税理士の力を借りたといいます。
金額が小さいため、最初は自分でやろうかと思ったそうですが、相続税の申告書の書式を調べた結果、非常に煩雑なうえ、不備があるとあとで追徴課税を受けたり、配偶者の特例などが取り消されたりするリスクがあるのがわかったのです。
金額が小さいからこそ、この申告や納税で手を取られるのはむしろ損だと判断し、申告書の作成と申告のみ、税理士へ依頼したといいます。

そのおかげで申告は無事に終わり、あとは納税するだけとなりました。
納税のための費用は、故人が残した遺産からそのまま出せるため、お金の用意には特に困ることもなく、すぐに納税を行えたのです。
その納税を実際に行ったのは故人の長男と次男となる子供2人だけですが、長男の方は銀行での払い込み、次男の方は専用の納付書を発行してもらったあと、コンビニで支払ったといいます。
このような流れで、相続税の納税はスムーズに片付き、期限を待たずに対応を完了できたという事例です。

このようにできるだけスムーズに納税を終わらせるため、大事なポイントはなんでしょうか?
まずは申告手続きを速やかに終わらせること。
先の事例でもあったように、相続が起きたら速やかに遺産の調査と相続人の確定をするのが基本です。

これがスムーズな納税につながるのは、これらが終わらないと、そもそも相続税の進行もできず、納税もできないからです。
相続は複数の相続人がいることも多いですが、このときは誰が法定相続人となり、各人がどれだけの遺産を相続するのか、それを確定しないと相続税額も確定できません。
確定できない税金を納税することはできませんから、できるだけ早くこの税金を確定することが大事です。

これは計算が終わるだけではなく、申告が終わって初めて確定となります。
この申告は自分でやれなくもないのですが、できるだけ無駄なく手続きするには、税理士の力を借りた方が確実ですね。
事例でもあったように、相続税の申告書は非常に複雑な仕様となっており、自分で作ろうとするよりも、専門家に作ってもらった方が早いのです。
その上、税理士が作ったものなら不備も出にくいため、あとで追徴課税を受けたり、申請した特例を取り消されたりといったトラブルも少なめです。

このようにして税額を確定できれば、あとは納税のみとなります。
このあとは実際に相続税を支払う相続人がやりやすい方法を選ぶのが、スムーズな納税へとつながるでしょう。
金融機関の窓口で支払うのもOKですし、金額が少額なら日頃の公共料金の支払いと同じく、コンビニ払いも利用できます。

また遺産を調査してみるうちに、農地など特定の用途でしか利用できない遺産がほとんどを占めている場合、今後の維持費などを考えて相続放棄をする、という
選択肢もあります。
相続放棄についてはこちら:相続ガイド

事例ではこのような直接の支払い方法が使われていましたが、時間がない方など、口座振替やクレジットカードでの支払いも選べます。
こちらを選ぶと自分でどこかへ出かける必要もありませんから、スムーズに手間なく納税が完了しますよ。
このように相続税を納税するときは、速やかにその税額を確定した後、各相続人がやりやすい方法で納税すると、無駄なく納税できます。