譲渡による相続税の納税

土地や建物など、そのままでは納税に使えない資産を相続したとき、相続税を納税するにはどうしたらいいのでしょうか?
分割の方法を工夫することで納税費用を捻出できることもありますが、そもそも遺産に現金や預金類がほとんどなかったり、相続人の誰も納税費用を自力で用意できないときなど、納税が滞りがちです。
このようなときによく行われるのが、遺産の譲渡による相続税の納税です。

譲渡とは、簡単にいうと何かを売ること。
そのままでは納税に使えない遺産を誰かへ譲り渡し、その対価にお金を受け取れば、相続税の納税費用を確保できますね。
このような実例はたくさんあります。

たとえばある例では、広大な土地が1つ遺産に入っていたのですが、その評価額が高いため、その土地を相続した人は、他の相続人との分割のバランス上、土地しか相続できなかったのです。
その土地を取得した相続人は、その土地にかかる相続税の用意が難しかった上、その土地を活用する予定も特になかったということで、その土地を売却しました。
このときに得たお金は譲渡所得となり、もし利益が出たなら譲渡所得税という別の税金もかかるのですが、このケースでは故人がその土地を購入したときの資料が残っており、その購入価格を譲渡価格が下回ったため、この所得は発生しませんでした。
相続人はこの土地を非課税のまま、4000万円の現金に換えられ、ここから相続税を支払えたという例です。

なお、もしこの遺産の譲渡により、譲渡所得が発生する場合でも、それが相続税の支払いのための譲渡なら、支払った相続税分の金額は、譲渡所得から差し引ける特例があります。
ある例ですが、やはり相続税の支払いのため、一軒家を売って2000万円を得たのですが、故人がいくらでこれを得たのか、それがわからないため、譲渡のための諸経費を引いても、1800万円近くが譲渡所得となりました。
このとき、この一軒家の相続により、500万円の相続税を支払ったため、1800万円からさらに500万円を引いて、1300万円だけを譲渡所得として計算できたのです。
このような譲渡所得税の特例もありますから、相続税を単独で支払うのが難しければ、遺産の譲渡も考えるといいでしょう。