専門家による相続税の納税

相続税の納税は、専門家に頼んだという実例が非常に多いです。
この税金に問題なく対応するためには、これがかなり現実的な方法となりがちですから、ポイントとして知っておくといいでしょう。

ある実例ですが、資産家だった父親が亡くなり、相続人は息子2人と娘1人、合計3人の子供となりました。
遺産がどれだけあるのか、正確にはわからなかったものの、少なくとも相続税がかかるくらいには遺産があるとは言われていたため、相続が起きた直後から税理士へ相談をしたのです。

相続税の計算は遺産の集計が終わり、その分割協議も終わった後になるのが基本ですが、依頼したのが相続に強い税理士だったため、遺産の調査にもかなり協力をもらえたといいます。
たとえば遺産としてありがちな資産や、見落としやすい資産、それらの調べ方などを教えてもらえたため、遺産の調査が効率よく進んだのです。
そして遺産分割協議も滞りなく進んだ後は、その計算から納税まで、すべての手続きをその税理士まで依頼しています。
プロの力を借りたため、相続の手続きは特にトラブルなく進み、納税も相続が起きてから半年程度で完了しました。
申告をきちんとできたため、あとで税務調査を受けることもなく、無事に相続と相続税の対応が完了したという理想的な例ですね。

このように税理士へ依頼したため、相続税の対応がスムーズに終わったという実例はたくさんあります。
相続人は仕事が忙しく、税金への対応などがゆっくりできないという事例など、税理士へお願いしたおかげで、仕事への支障もなかったという例も多いですよ。

このように税理士へ依頼する方法は基本的におすすめなのですが、これを利用するときに気をつけたいのは、その税理士の専門です。
まれにですが、その税理士の先生があまり相続を専門にはしておらず、依頼に行ったところ別の先生を紹介されたといった事例もあります。
相続税の件数はかなり少なく、税理士にとってもこれを専門とする人以外は、あまり対応できない例があります。
この点にだけ注意して、相続税のことは税理士まで相談や依頼をすると非常にスムーズです。