相続税は国税庁管轄の税金

相続

税金には色々な管轄があり、それぞれ管轄の税務署に申告・納税することが義務となっています。
しかし、それらの税金に関しては、すべて国税庁が管轄となっています。
国税庁が税金についてのルールを決め、法律を定め、それによって徴収をおこなっているのです。

つまり、普段から支払っている税金は国税庁管轄の税金となります。
そのため、税金に関してはミスが発覚すれば、国を敵に回すことにもなるのです。
もちろん、故意にそういうことをしなければ大丈夫ですが、総合的な管轄が国税庁にあるということを理解しておかなければなりません。
特に普段から支払っている消費税などは気にしていない方も多いですが、相続税などの大きな税金になると気にする方も多いです。
当然ですが、税金は支払い義務があるものなので、支払いを逃れるということはできません。

まず、相続税に限らず、税金は借金やローンとは違います。
そのため、一度課税が決まると、絶対に支払うことが必要となるのです。
もちろん、特例もありますし例外もあります。

ただ、基本的には何かをする場合、ほとんどの場合が日本では税金を搾取するシステムとなっているのです。
ただ、相手が国税庁ということもあって、なかなか上手に立ち回ることができない人もいるでしょう。
国税庁はそれを良いことに、正直なところグレーゾーンな徴収方法で回収している税金も多々あります。
例えば、相続税がまさにそれです。
相続というのは、被相続人が税金を支払って買ったものや税金を支払って管理してきたものもあります。
土地や建物などは特にそうです。
それにも関わらず、国税庁はさらに相続することに関しても税金を搾取しています。
つまり、国がそういうことをしているのなら、国民もしっかりと対処していくことが必要となるのです。
そのために必要なのが、節税や税金対策です。

近年は専門知識が豊富な税理士なども多くなり、かなり頼りになる人もいます。
まずは税理士などの専門家に相談してみてください。
税金は踏み倒すということは絶対にできないので、そこは少しでも安くなるように工夫するしかありません。
特に相続税は国税庁なども目を光らせているので、そこはちゃんと計算して対応できるようにしていくことが必要となるでしょう。
まずはそれらの点も加味して、税理士に計算してもらいましょう。
それが重要な指標となっていくはずです。
まずは相談してみることが重要です。