相続税の計算と納税

相続税を納税するために、難関となりやすいのがその税額の計算です。
これはどのようにやるといいのでしょうか?
ある人の実例では、計算は自分でやっています。
金額が少額な上、特殊な遺産などもないなら、自分で計算してもそれほど手間はかかりません。

その例では、遺産の総額から基礎控除額を引き、計算された課税対象の遺産が400万円。
これを配偶者と子供2人でわけるときの税額を計算するわけですが、このときの計算は非常に単純です。
配偶者にかかるのが20万円、子供にそれぞれかかるのが10万円ずつ、合計の税額は40万円と計算できるのです。
このような単純な計算なら、自分でやったという実例もありますが、金額が高額だったり、特殊な遺産があるときは、計算も専門家にやってもらった方が、結局は納税にかかる手間も少なくなります。

相続税の計算はどうやるのかというと、まず故人の遺産を調べ、それの現金価格を調べます。
遺産すべての現金価格を調べ、合計したら相続税の基礎控除を引き、課税対象額を出してください。
そのあと、その課税対象の遺産を法定相続人が法定相続分どおりに分割したものと仮定して、各人の取り分に応じた税率をかけて税額を計算するのです。
各法定相続人の税額がわかったら、それをすべて合計すると、相続税の総額がわかります。

そして納税する段階になって、各人が具体的にいくら払うのかは、各人が実際に相続する財産の取り分に応じるのですが、まずは相続税の税額を正しく計算できないことには、各人に割り当てられる個別の税額も正しく計算できません。
そして計算が間違っていると、あとで内容を訂正する必要も出てきますから、できれば最初から間違いなく計算できた方がいいですよね。

遺産の種類や金額からいって計算が単純なら自分でやってもスムーズに納税できますが、個人では難しいときには、計算はすべて専門家に依頼した方が、間違いもなく確実です。
期間内に無駄なく手続きを進め、確実に相続税を納税するポイントとして押さえておくといいでしょう。